OXOのお食事エプロン。カビさせないための正しいケア方法

こんばんは、藤野あおいです。

私がオススメするOXO(オクソー)のお食事エプロン【ロールアップビブ】は、上部がナイロン素材・下部がシリコン素材で作られているため、カビにくい商品なんです。

事実、そのようにオススメした記事を書きました。

ロールアップビブのオススメ記事

…しかし、使用して約3年。きのう見たらなんと! カビができてしまっていたんです…

カビない! とお伝えしたのに申し訳なく思います。

…でも、これには思い当たる節があるんです。

そこで今回の記事では、カビさせてしまった原因と、今後の正しい取り扱い方を私なりにまとめてみました。

オクソーのロールアップビブを使用中で、これからも「絶対カビさせたくない!」と考えてるあなたに、参考になれば幸いです!

それでは、どうぞ!

スポンサーリンク

カビてしまった原因

カビてしまったお食事エプロンがこちら↓

首周りがカビてしまった…(表面)
裏面もカビてしまった…

カビたのは、食べ物や飲み物が特にこぼれやすく、よだれもダラーっと垂れやすい中心箇所。素材はナイロン生地の部分にあたります。考えられる原因は以下の3つ↓

  1. 洗濯機より手洗いで済ませることが増えた
  2. その結果、洗い残しがあった
  3. さらには、生乾きの時間が増えてしまった

です。詳しくみていきましょう↓

洗濯機より手洗いで済ませることが増えた

以前は、ウェットティッシュ等で軽く拭いたお食事エプロンを、洗濯ネットに入れて洋服と一緒に洗濯機で洗っていました。我が家では夜に洗濯するので、翌日には乾いていて、朝ごはんの時からすぐに使える様にしていました。

しかし、ある時洗濯機で洗うのを忘れてしまい、その日は食器と一緒に洗って雑巾をしぼる様な感じで絞った後、水切りカゴの上に置いておいたんです。

すると翌日、洗濯機で洗った時と同じ様に、きちんと乾いていたんですね。それからというもの、洗濯機に入れる前にわざわざウェットティッシュでふき取るのも面倒に思えてきて、「食器と一緒に洗う方がいいのでは」と考え、手洗いにシフトしていきました。

その結果、洗い残しがあった可能性あり

しかし、手洗いにしたことによって、自分では気づけない洗い残しがあったのだと思います。つまり、エプロンに残った汚れがカビの原因になったということです。

さらに、乾き方がゆっくりに…

そして、汚れが残っている上、乾くのに時間がかかってしまった。

初めは、手洗いと洗濯機で洗った時とで、同じ様に乾いているから問題ないと思っていたんです。でも、手で絞っただけの状態なので、その後の乾き方がゆっくりだったんです。

つまり、手洗いで洗うことで汚れが残ってしまい、さらにゆっくりと乾いていたためにカビが発生してしまったものとみられます。

二度とカビさせないための対策

ということで、考えられる原因のもと、本来すべきだった対策についてまとめます。

洗濯機で洗う

カビさせないためには、やはり洗濯機で洗う様にした方が良さそうです。その方が汚れも落ちやすいと思います。

この時、他の洋服と洗うことを考えると、食後そのままの汚れた状態で入れる訳にはいかないので、予洗いするか、ウェットティッシュ等でふき取ってから、洗濯ネットに入れて洗ってあげましょう。

脱水をして、短時間で乾かしてあげる

そして、洗濯機で洗うことで最後に脱水がかかり、洗濯機から出した時点ではもうほとんど乾いている状態になります。あとは、ハンガーに吊るして干しておけば、30分もしないで完全に乾きますよ!

時間をかけないで乾かしてあげることが大切です。

ケアをして、長く・気持ちよく使おう

いかがでしたか?

いくら優秀な商品でも、適切なケアをしてあげないとカビてしまうんですね…。

長く使うためにも、怠らないようにしたいものです!

ただ、ケアと言っても洗濯機にぶちこめばいいだけなので、簡単ですよね!(それができてなかったのが私なんですが…)

予洗いや拭き取りのひと手間がありますが、どうせ使うなら長く気持ちよく使いたいですよね! 初めは面倒に感じるかもしれませんが、お子様が気持ちよく使える様にぜひやってみてくださいね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました