クッキングプロV2のスロー調理を詳しく解説!サラダチキン以外に適した料理は?

こんにちは! クッキングプロV2を愛用中のあおいです。

クッキングプロV2には【スロー調理】という、低温(55℃~75℃)を保ってじっくり調理してくれる機能があります。

あおい
あおい

クッキングプロV2は、圧力調理以外にこのような【スロー調理】や【発酵機能】があるのが魅力の一つですよね!

スロー調理で作れる料理といえば、代表的なのが【サラダチキン】です。

ですが、それ以外にも煮崩れしやすい「カブ」や「豆腐」、高温で加熱すると分離してしまう「豆乳」を使ったレシピにもスロー調理は適しているんです。

そこで今回は、

  • クッキングプロV2の【スロー調理】の機能を詳しく知りたい!
  • クッキングプロV2の【スロー調理】に適したメニューを知りたい!

というあなたに向けて、週4でクッキングプロV2を使っている私が詳しくお伝えしていきます!

【スロー調理】とは低温調理のこと

【スロー調理】とは、低い温度を保ちながら加熱する調理方法いわゆる「低温調理」のことです。

クッキングプロV2においては、次の様な特徴を持っています。

  • 設定温度55℃~75℃(5℃単位)に設定できる
  • 設定時間30分~12時間(10分単位)に設定できる
  • 自動メニューのスロー調理では72℃に設定されている
あおい
あおい

自動メニューの温度が72℃に設定されていることは、ショップジャパンさんに確認しました!

【スロー調理】に適したメニュー

クッキングプロV2を買うと付いてくるレシピ本から、【スロー調理】を行うメニューを抜粋すると、

  • サラダチキン
  • トンポーロー(豚の角煮みたいなもの)
  • ロールキャベツ
  • 鴨肉のしょうゆ煮
  • ホタテのカブの豆乳スープ
  • 切干大根と豆腐の塩麹スープ

の6種類でした。

これらの特徴としては、

  • 高温で一気に火を入れると硬くなってしまうお肉
  • 高温だと分離してしまう豆乳
  • 煮崩れしやすい野菜や豆腐

を使っていることです。

他にも、低温調理機器で有名なBONIQボニークのレシピサイトを見ると、温泉卵やローストビーフ、鶏レバーなどのレシピもありました。

あおい
あおい

低温調理ってあんまり意識したことなかったけど、今やたくさんメニューがあるんですよね。

ちなみにBONIQボニークってこんな商品です↓

低温調理に特化した調理器具って感じですね^^

【スロー調理】で改善してほしい点

圧力鍋としてのクッキングプロV2で、スロー調理(低温調理)もできるっていうのはとても魅力的なんですが、一つだけ不満があります。

それは、スロー調理の設定時間が【30分~】しか設定できない点です。

設定時間を「5分~」できる様にしてほしい

スロー調理を行うレシピとして登録されているものの一つに【サラダチキン】があるので、これを例に説明します。

【サラダチキン】はスロー調理5分の設定になっているので、自動メニューから【サラダチキン】さえ選べばあとはほったらかしにできます。

ですが、自分で調理モードを選べる【手動調理】から【スロー調理】を選択すると、30分~しか時間を設定できないんですね。

5分でできるレシピが内臓されているのに、なぜ自分で時間を設定したい時は30分~しか設定できないのか…?

あおい
あおい

個人的には自動メニューのサラダチキン(72℃・5分)を基準にして、70℃・8分とか、68℃・10分とか…自分流に温度と時間を変えて作ってみたかったんです←…こんな人いないですかね?w

…おそらく、スロー調理の基本は「低温で長時間加熱すること」が目的なので、本来は30分以上かけてじっくり煮込む系の料理に向いているからだと思います。

なので、そこにこだわりたいのであれば圧力鍋ではなく低温調理機器を買うべきかもしれません…。

ただ、もし次にクッキングプロV2がリニューアルするとしたら、ここを改善していただけたら嬉しいなと思っています。

まとめ:【スロー調理】は硬くなりやすいお肉におすすめ

というとで、クッキングプロV2の【スロー調理】機能について解説しました!

もう一度特徴をまとめると、

  • 設定温度55℃~75℃(5℃単位)に設定できる
  • 設定時間30分~12時間(10分単位)に設定できる
  • 自動メニューのスロー調理では72℃に設定されている

そして、スロー調理に適した料理は、

  • 高温で一気に火を入れると硬くなってしまうお肉
  • 高温だと分離してしまう豆乳
  • 煮崩れしやすい野菜や豆腐
  • サラダチキン
  • トンポーロー(豚の角煮みたいなもの)
  • ロールキャベツ
  • 鴨肉のしょうゆ煮
  • ホタテのカブの豆乳スープ
  • 切干大根と豆腐の塩麹スープ

などのメニューでした!

でもおそらく、普段の料理でよく扱うのはお肉ではないでしょうか?

硬くなりやすいお肉を「スロー調理」でおいしく料理できると、子どもも食べやすいですし料理の幅も広がるのでおすすめです。

私も実際にサラダチキンを作ってみました↓

サラダチキンを実際に作ってみた時の記事です

これからも、スロー調理機能を使ってメニューの幅を広げていきたいと思います。

クッキングプロV2のレビューはこちらです↓

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました