【レビュー】幅広・甲高の子どもにはIFME(イフミー)がオススメ。歴代の靴8足も写真付きでご紹介

レビュー記事

こんにちは! あおいです。

「幅広・甲高のわが子に合う靴…なかなか見つからない!」とお困りではないですか?

あおい
あおい

わが家の息子2人も、幅広・甲高なんです……

長男はこんな感じ。…THE 甲高!

今回は、そんな幅広・甲高のお子さんに合う靴をお探しのあなたに、IFME(イフミー)の靴をご紹介します。

現在4歳になる長男は、人生2足目から全てIFME(イフミー)! これまでお世話になった靴は計8足です。息子が実際に履いてきた靴も写真付きでご紹介していきます。

この記事を読むとこんなことがわかります!

  • 幅広・甲高のお子さんにおすすめの靴=IFME(イフミー)
  • IFME(イフミー)についての詳細
  • IFME(イフミー)のメリット・デメリット

ぜひ参考にされてみてください^^

歴代のIFMEたち

IFME(イフミー)は【株式会社丸紅まるべにフットウェア】から販売されている靴メーカーです。

まずは、わが家の歴代IFMEたちを紹介します。

IFME オールスター

全部で8足です。つま先がすり減るまで履いてきました……(笑)

IFME デビュー靴

まずは、IFMEデビューとなったのがこちらの靴。12.5㎝です。

12.5㎝
長男 IFMEデビューの靴!

両サイドがマジックテープになっており大きく開くので、本人が履きやすいのはもちろん大人の私も履かせやすかったです。

Lightライトシリーズ

次に、IFME Lightシリーズ。

赤:15.0㎝ 青:14.5㎝
ベルト部分がヒモになっている

ベルト部分が、ストラップの様になっているのが特徴的です。

ADVANCEアドバンスシリーズ

続いて、ADVANCEアドバンスシリーズ。

赤:17.0㎝ 青:16.5㎝

ベルト部分もある程度の幅があって、付け外しがしやすいです。

TRAINトレインシリーズ

IFME(イフミー)といえばコレ! TRAINシリーズがあることです。

写真の左が【新幹線E6系こまち】を、右が【ドクターイエロー】をモデルにしています。

左:18.0㎝ 右:17.0㎝

これについては、後ほどIFMEのメリットの部分で詳しく書いています。

ウォーターシューズ

水遊び用のキッズサンダル 18.0㎝

こちらは、夏の水遊び用に最適な【水抜きソール】があったので購入しました。ただし、IFMEの中でもこのシリーズだけは幅広・甲高さんにもNGかなと……。

こちらもデメリットの部分で詳しく書いています。

IFMEのメリット

あおい
あおい

続いては、IFME(イフミー)の良いところを具体的に説明していきます!

IFME(イフミー)には以下の様なメリットがあります。

  • 健康・便利・安心の機能が充実している
  • 新幹線・列車シリーズがある
  • デザインが豊富(130種類以上もある)
  • 1足3,000円台~! 金額が良心的
  • 上履きの取り扱いもある

詳しく解説していきますね^^

1.健康・便利・安心の機能が充実している

1つ目のメリットは【健康・便利・安心の機能が充実している】こと。

あおい
あおい

足の健康のことだけでなく、履きやすさや安心面にも工夫がされています

具体的には、それぞれ次のような点を工夫して作っています。

健康
  • 足裏の筋肉を自然に鍛える
  • 土踏まずのアーチ形成を促進
  • スムーズな歩行をサポートするソール
  • 丈夫で軽く、足に優しい

引用:IFME公式HP

便利
  • 履くときに便利なストラップ
  • 左右を見分けやすいインソール
  • ベルトとベロが一体化して履かせやすい
  • 通気性のよいインソールで乾きやすい

引用:IFME公式HP

安心
  • 暗い道で光を反射するリフレクター
  • 足のネジレやブレをおさえるベルト
  • アッパーをしっかりおさえるストラップ
  • つま先補強で安心、長持ちソール

引用:IFME公式HP

また、「足や歩行だけでなく、とりまく生活習慣や環境にも目を向け、子どもたちの大切な足の発育をサポートする」をポリシーに、早稲田大学スポーツ科学学術院と協力して開発していることも特徴の一つ。

あおい
あおい

靴作りへの真剣さが伝わってきます

2.新幹線・列車シリーズがある

2つ目のメリットは、【IFME×TRAIN】シリーズという新幹線や列車をモチーフにした靴があることです。

これは特に男の子を持つ親としては嬉しいですよね!

あおい
あおい

私の息子も、E6系こまち、ドクターイエローを履いてました

IFME×TRAINシリーズは、2022年5月現在だと以下の7種類を取り揃えています!

  • E5系はやぶさ
  • E6系こまち
  • E7系かがやき
  • ドクターイエロー
  • E956 ALFA-X
  • D51形蒸気機関車
  • N700系のぞみ

E5系はやぶさ

E6系こまち

E7系かがやき

ドクターイエロー

E956 ALFA-X

D51形蒸気機関車

N700系のぞみ

あおい
あおい

デザインもスタイリッシュでかっこいいです

3.デザインが豊富(130種類以上もある)

3つ目のメリットはデザインが豊富なことです。

IFME(イフミー)には女の子向け・男の子向け・どちらもいけるタイプと…約130種類以上とかなり多くのデザインを取り扱ってます。

>>IFME(イフミー)公式サイト

また、スニーカーやサンダルだけなく、上履きやフォーマルな靴の取り扱いもあるんです。

あおい
あおい

たくさんのデザインから選べるのは親としても嬉しいですね

4.1足3,000円台~! 金額が良心的

4つ目のメリットは、IFME(イフミー)の靴のほとんどがどれも3,000円台で買えることです。セール中だと2,000円台で買えることもありますよ!

子どもが小さい時は特に、サイズアウトするのが早いですよね。

なので、

  • 1足にかけるお値段はできるだけ安い方がありがたい……
  • けど、毎日履く靴のことだからしっかりした作りではあって欲しい……。
あおい
あおい

このような親の願いを叶えてくれるのがIFME(イフミー)!

半年~1年という短いスパンでサイズアウトしてしまう子どもの靴にはぴったりの条件がそろっています。

5.上履きの取り扱いもある

5つ目のメリットは、スニーカーだけでなく上履きの取り扱いもあることです。

息子たちの上履きも、もちろんIFME(イフミー)!

息子たちの上履き

一般的な上履きって、どうしても中央のバンド部分の締め付けが強く、幅広・甲高さんには厳しいものが多い印象です。

一般的な上履き

「幼稚園や学校で毎日履くものだから履きやすいものを探してあげたい!」

…IFME(イフミー)なら、外履きも上履きも足にフィットする靴が見つかるはずです。

IFMEのデメリット

あおい
あおい

続いては、IFME(イフミー)のデメリットを。

幅広・甲高さんに合うIFME(イフミー)ですが、8足以上履いてきてデメリットと感じる部分もありました。具体的には次の3つです。

  • 保育園・幼稚園には不向きなデザインがある
  • 店頭での取扱いが少ない
  • 甲高にはNGなデザインもある

1.保育園・幼稚園には不向きなデザインがある

1つ目のデメリットは、お散歩や外遊びがある保育園や幼稚園にはオススメしないシリーズがあること。

それがこちら。

靴ひも部分がストラップみたいになっている
マジックテープの面積がちょっと小さい

長男を保育園に通わせていた時この靴を履かせていましたが、マジックテープの面積が小さめなので「お散歩の時にベルトがよく外れてしまう……」と先生から指摘がありました。

ベルト部分がだらっとなってしまう……

そして、ベルトが外れると全体的にダラっとなってしまい危険なんです。これを片方の足で踏んでしまえば転んでしまいます……。

当時は息子も2歳前後だったので、きちんとマジックテープで留められていた訳ではなく、また、先生方もお散歩に出かける時に一人ひとり確認できないんだと思うんですよね…。

なので、靴の特徴を知っていて且つ、外れてもすぐに直してあげられる状況(家族でいる時など)に限ってなら問題なく履けるのかなと思います。

また、IFME(イフミー)はデザインが豊富で種類がたくさんあるので、別な靴を検討する方が無難かもしれませんね。

2.店頭での取扱いが少ない

2つ目のデメリットは、店頭での取扱いが少ないことです。

あおい
あおい

購入前にはできるだけ試し履きをしたいですよね。

……なのに、店頭での取扱いが少ないんです。

私は埼玉県に住んでいますが、近場にある一般的な靴屋さんでも、IFME(イフミー)の種類は多くて10種類くらい。

特に、トレインシリーズのD51蒸気機関車N700系のぞみはどこのお店に行ってもなかなか置いてなかったのが残念です。

できれば数ある中からデザインも選びたいのが親心。

対策としては、

  1. 店頭で取り扱いのある靴で履き心地やシリーズを確認してから、それに類似した商品をネットで購入する
  2. 靴のサブスクを利用してみる

実際に履いていない靴をいきなりネットで購入するのが不安って場合は、2の子供靴のサブスク【Kutoon】で試し履きするのがおすすめ。

月額2,100円~子ども靴を借りられるサービスで、1ヶ月・6ヶ月・12ヶ月のプランがあり、契約期間内であれば何回交換しても基本料金が一緒なんです(※ただし、交換頻度が多いと返却代金は自己負担となりますので注意です)。

気軽に試し履きができるサービスなので、利用してみる価値ありそうです^^ 

>>子供靴のサブスク【Kutoon】

3.甲高にはNGなデザインもある

3つ目のデメリットは、幅広・甲高さんにもNGなデザインがあることです。

IFME(イフミー)の中でも全ての靴が幅広・甲高さんに合う訳ではなかったのです。

その一つが、水遊び用に適した【スタープリントウォーターシューズ】というシリーズでした。

スタープリントウォーターシューズ

水陸両用で、足の蒸れが気になる「夏」の外遊びに適していたり、水遊びをしても水が抜けやすい仕様になっているのが特徴です。

嬉しい機能ではありますが、幅広・甲高にはけっこうキツかったようです。

トレインシリーズは甲が高い
ウォーターシューズは甲が低い

普通の外靴と比べてみても、甲が低いのがわかります。

夏はこれが良いと思って購入しましたが、息子がきつそうに履くので出番は少なめでした……。

ただ、もう1種類ウォーターシューズがありまして……それがこちら↓

これなら、甲が低くなっていないため幅広・甲高さんのウォーターシューズとしておすすめできますね^^

IFME(イフミー)の購入場所

IFME(イフミー)の靴が手に入るのは基本的には、

  • 実店舗か、
  • ネットストア

の2つです。

デメリットで少し触れた様に、実店舗では取り扱いが少なめではありますが、私も半分以上は店舗で購入しました。

そのほとんどが、株式会社チヨダが運営する靴流通センターです。同じ系列のシュープラザでも手に入れやすいです。

どちらも全国展開しているので、お近くにないかこちらからチェックしてみてくださいね!

また、これらのお店は楽天やAmazonで公式に出店されています↓↓

おすすめはネットストア

ということで、取り扱いの種類が少ない実店舗よりもネットストアの方がおすすめです!

>>東京靴流通センター 楽天市場店

>>SHOE・PLAZA(シュープラザ)楽天市場店

>>SHOE・PLAZA(シュープラザ)Amazon

>>靴・チヨダ楽天市場店

男の子なら一度は履いてみたいTRAINシリーズは、こちらからチェックしてみてくださいね!

まとめ:子どものくつ選び、もう迷わないで!

いかがでしたか?

以上、「幅広・甲高の子どもにはIFME(イフミー)がオススメ。歴代の靴を写真付きで紹介しながらレビュー!」でした。

IFME(イフミー)は幅広・甲高のお子様におすすめの靴です。

メリットをもう一度まとめると、

  • 健康・便利・安心の機能が充実している
  • 新幹線・列車シリーズがある
  • デザインが豊富(130種類以上もある)
  • 1足3,000円台~! 金額が良心的
  • 上履きの取り扱いもある

また、以下のようなデメリットもありますが、対策も考えてみました。

  • 保育園・幼稚園には不向きなデザインがある⇒デザインが豊富なので別の靴で対応する
  • 店頭での取扱いが少ない⇒ネットで購入or靴のサブスクを利用してみる
  • 甲高にはNGなデザインもある⇒デザインが豊富なので別の靴で対応する

まとめると、IFME(イフミー)はお子様の足にはもちろんですが、個人的には子どもの靴選びに悩んできたあなたに一番おすすめしたいです!

下のリンクから親子共々お気に入りの靴をぜひ選んでみてくださいね!

>>東京靴流通センター 楽天市場店

>>SHOE・PLAZA(シュープラザ)楽天市場店

>>SHOE・PLAZA(シュープラザ)Amazon

>>靴・チヨダ楽天市場店

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました