口コミ 幼稚園の雨の日の自転車送迎を快適にするためのレインコート「AETONYX (アエトニクス)回転フードのレインポンチョ」を紹介♪

こんばんは、あおいです。

幼稚園や保育園の雨の日の自転車送迎って、かなり憂鬱ですよね。
私も子ども2人(年少の兄&1歳の弟)を前後に乗せて毎日幼稚園の送迎をしていますが、

  • 準備するものが増えるし、
  • 視界が悪くなるため、注意して運転をしなくてはならない

など、いつもより一段と気合を入れなくてはいけないので大変ですし、送り届けるまでとにかく必死! それを乗り越えるためにこれまで様々なレイングッズを用意してきました。

そこで、今回の記事ではレイングッズの中でも特に「買って良かった!」と心から思えるアイテムAETONYX (アエトニクス)回転フードのレインポンチョについてご紹介したいと思います!

無駄な装飾や機能を省いてシンプルでスマートな作りになっているこのレインポンチョについて、私が実際に使ってみた感想を書いていきます。

こんな人にオススメです
  • これから自転車送迎の予定がある
  • 今のレインポンチョに不満がある
  • 機能性の高いレインポンチョが欲しい

それでは、どうぞ!

雨の日に気をつけたいポイント

まずは、雨の日に気を付けたいポイントについてです。私は以下の様なことに気を付けています↓

雨の日に気を付けたいポイント
  • レインコートを着ての運転なので、いつもよりハンドル操作に気を付けること
  • いつもより視界が悪くなるので、周囲の確認(特に後方)に注意すること
  • 自分の荷物は最低限にすること
  • 抱っこ紐をつけるので脱ぎ着をスムーズにすること

これらの大変なことを、今回ご紹介するレインポンチョなら解決してくれるんです。

機能性抜群! 「AETONYX レインポンチョ」の特徴6点

株式会社ミヤコート(大阪府に所在)という会社が販売している、「AETONYX (アエトニクス)レインポンチョ

それではさっそく、実際に使っていて感じた特徴…「これは高機能!」と感じたポイント6点をご紹介します。

特徴6点
  • ちょい袖ありのポンチョ型で、着脱&ハンドル操作が◎
  • 特許を取得した「回転フード」で後方確認が楽々!
  • 両サイドに大きめのポケットあり
  • リュックや抱っこ紐をつけたままでも楽々着れる
  • 2種類のレインバイザーあり。雨風が強い日も顔が濡れない
  • 選べるバリエーション6種類♪

次からは、具体的に書いていきます。

ちょい袖ありのポンチョ型で、着脱&ハンドル操作が◎

ポンチョ型のレインコートは着脱も楽だしリュックや抱っこ紐を装着したままでも着られるので魅力的です。

ただ、デメリットとして風が強い日は下から風が入ってレインコートがめくれ上がってしまうことが挙げれます。濡れてしまうし、ハンドル操作もしづらくなってしまうんですね。

ですが、このAETONYX (アエトニクス)レインポンチョは、ポンチョ型にちょこっと袖口があることで、ハンドル操作がしやすくなっているんです。

ポンチョ型だけど、ちょい袖あり

腕を通すところも決まってくるので、完全なポンチョ型よりも脱ぎ着がしやすいです。

特許を取得した「回転フード」で後方確認が楽々!

こちらのレインフードは「フードが独立」&「回転する」という特徴をもった特許が取得されたフードになっています。

フードが独立している

「…どゆこと?」って思いますよね。

これ、雨の日に実際に運転するとわかるんですが、雨に濡れない様にフードを被った状態でも後方がしっかり確認できるんです。

普通のレインコート(フードが独立していないもの)だと、振り向いた時にフードが邪魔して後方をうまく確認できないんですが、これはフードにレールみたいなものがついていて、首を後ろに回した時に一緒にフードも回ってくれるんですね。…こんな商品見たことありませんよね!

左に移動…
右に移動…

このおかげで、後方確認がしっかりできるんです。安全ですね!

両サイドに大きめのポケットあり

サイドのポケット

雨の日は子どもの荷物もただでさえ多くなりますし、極力荷物を少なくしたいですよね。そんな時はこのサイドにある大きいポケットに貴重品を入れてしまえば、カバンを持たずにそれだけで外に出られます。

私はいつも「家の鍵」「ハンドタオル」「ポケットティッシュ(子どもが鼻水とか出た時のため)」だけ入れて、カバンは置いて送り迎えしてます。

財布は入れたいですが、行き帰りにどうしてもお金が必要な時だけ小さめの財布に入れ替えることをオススメします。なぜなら、財布を入れた側にレインコートが傾いて着心地が悪くなるからです。

スマホも同様! やはり、スマホを入れたポケットの方に重心が傾いてしまい着心地が悪くなって若干運転しづらくなっていまいます。なので、私はスマホにネックストラップをつけて首から下げています。レインコートを着てしまえば濡れる心配はありません。

これはダイソーで購入したものです

100均のものでも全然問題ないです。

外側からフタをする様な構造になっていて、絶対に雨に濡れません! 「すき間から雨がしみ込んでしまった!」なんてこともありませんよ。

フタの様な構造
中身は絶対に濡れない

…ちなみに、ポケットがないレインコートってけっこう多くて、「デザインや他の機能はいいんだけどなぁ…」という商品ばかりだったので、この商品を見つけた時は「ほんとセンスあるな~!」って思いました(笑)

リュックや抱っこ紐をつけたままでも楽々着れる

注意!

抱っこ紐に子どもを乗せた状態でレインコートを着て運転することを勧めている訳ではありません。

あくまでも、空の抱っこ紐を着けたままレインコートを着られますよ! ってことをお伝えします。

わが家の場合、幼稚園のお迎えに行く時は必ず抱っこ紐を着けて行く様にしています。なぜなら、次男(1歳)が幼稚園に着くまでに自転車で寝てしまうことがあるからです。

自転車置き場に到着したら抱っこ紐で園の中へ。お兄ちゃんを迎えに行き自転車置き場に戻る。…この流れがあるので、抱っこ紐は必需品になっています。

私はヒップシートが付いた抱っこ紐なので、けっこうゴツゴツした抱っこ紐なんですが、それをつけてもこのレインコートは楽々着れますよ。

抱っこ紐を付けた状態
抱っこ紐の上にレインコートを着た状態

さらに、レインポンチョの前面はファスナーとスナップボタンの2種類で開閉できるのもうれしいポイント! ファスナーで開閉はスムーズ、スナップボタンで二重に閉めれば、万一の雨の染み込みも心配ありません。

ファスナーとスナップボタンの2種類

でも、実際はファスナーだけで十分。…というか、スナップボタンが面倒なのでファスナーだけしか使わなくなると思います。

ちなみに、私が愛用している抱っこ紐についてはこちらの記事で紹介しているのでぜひチェックしてみてください↓

ポグネーNO5NEOのレビュー!セカンド抱っこ紐はこれで決まり
こんにちは、あおいです!新生児期から使える抱っこ紐ではそろそろ限界…。セカンド抱っこ紐に買い替えたい!と考えていませんか?そんなあなたに、私が2年半以上使い続けている【ポグネーNO5 NEO】の魅力をたっぷりとお伝えしたい...

ちなみに、リュックを背負ったままも着られる←と書きましたが、私は普段はリュックは背負いません。それは、単純に後ろに乗ってる長男に邪魔になるからです(笑)

2種類のレインバイザーあり。雨風が強い日も顔が濡れない

「AETONYX (アエトニクス)レインポンチョ」には2種類のレインバイザーが標準装備されていて、雨風の状況によって付け替えができる様になっています。

可動式のバイザー
よく使う方のバイザー

可動式のバイザーは作りもしっかりしていて、強い雨が降っていても顔が濡れません! 色も無色透明なので、視界良好で安全に運転できるんです!

ただ、ゴムバンドで頭にしっかりと固定しておかないとずれてしまうので、長くつけていると頭が締め付けられる感覚があるんですよね…。これがけっこう痛い。

締め付け感がちょっと強い

なので、私はよほど強い雨でなければ、キャップの帽子を被った上に可動式ではないバイザーを被る様にしています。帽子を被る理由としては、直接バイザーを被ると髪の毛で滑ってバイザーがズレてしまうからです。↓こんな感じです。

帽子をかぶるといい感じ
けっこうツバもあって濡れません

よほど大雨でない限りこのスタイルで十分です。ゴムバンドの締め付けもないので、頭も痛くなりません。

選べるバリエーション6種類♪ 

このレインポンチョは、以下6種類のバリエーションから選べます♪

6種類あるよ!
  1. プリントブラック
  2. プリントグレー
  3. プリントパープル
  4. デニムネイビー
  5. ブラック×スター
  6. ネイビー×スター

↓実際のお色味はこんな感じです!

6つのバリエーションから選べます!

出典:楽天

…少し地味ですかね?(;’∀’)

でも、シンプル好きな私は満足しています。ちなみに私が持っているのは「デニムネイビー」。最初はちょっと地味かと思いましたが「ずっと飽きずに使えるものを!」と思うとこの色味で良かったと思ってます。

袖から裾回りまでは反射するテープが使われているので、夜でも安心です。

完璧を目指すなら補足したいアイテム

ここまで、レインポンチョのメリットについてお伝えしてきました。今のところ、「機能性でこれを超えるものはないかな!」と感じています!

ただ、完璧ではないんですよね…。

雨・風が強い時にレインパンツ

横殴りの雨や風が強い日だと、どうしてもズボンが濡れてしまいます…(こんな日はいっそのこと休みたい…!)

そうゆう時は、レインポンチョの下に履ける「レインパンツ」を用意したほうが良いです。同じ AETONYX (アエトニクス)から販売されているものであれば、レインポンチョと生地が同じなので、セットにするのに最適です!

レインコートを着る時の疑問

最後に、レインコートを着る時のちょっとした疑問について考えていきます。

というのも、私自身今ではレインコートを着て自転車に乗ることが当たり前になっていますが、子供が幼稚園に行くまで(電動自転車を買うまで)は、「レインコートをわざわざ着てまで自転車に乗る必要ある?」と思っていました。

荷物も多くて大変そうなイメージがあったし、そもそもレインコートを少しダサイとすら思ってました。

…でも、今ではそう思っていた自分が恥ずかしいくらい、めちゃめちゃレインコート+電動自転車にお世話になっています。

荷物の置き場所はどうする?

ということで、まずは雨の日の荷物の置き場所について。

結論から言うと、エコバッグみたいな持ち手があるものに入れて、ハンドルにかけています。

荷物はハンドルにかけてます

私は前と後にそれぞれ子どもを乗せていて、前かごがないタイプの自転車です。しかも、マンションに住んでいるので、レインカバーを常に付けた状態にしています(いちいち取り外して家まで持っていくのが面倒なので…)。なので、後ろのチャイルドシートに荷物を引っ掛ける←というのもできません。

なので、濡れないように30Lか45Lのごみ袋に荷物を入れてから、エコバッグ(濡れてもいいし、乾きやすいので)に入れて、持ち手部分をハンドルにかけて運転しています。

袋に入れるのが一番ぬれない
エコバックに入れてます

「ゴミ袋!?」と思われるかもしませんが、これが一番雨に濡れずサッと出し入れできて、雨の日に最適なんです。

エコバッグについては、本当は防水バッグとかを購入したいところですが、エコバッグで十分かなと思います。家にある余ってるエコバッグを使ってます。

レインポンチョ&レインバイザーってださくないか?

「レインコート着て、レインバイザーまでして…ちょっとださくないか?」

今となればこう思っていた自分が恥ずかしいですし、このスタイルで頑張っている方達へ謝罪したい気持ちですが、当時はこのように思ってました。

結論から言うと、良くも悪くも「ださいと感じているのは自分だけ」です。

私自身がそうですが、周りからダサイと思われないかどうかを気にしてしまうんですね。でも、そもそも、雨の日の登園&降園時間に周りを気にしている人なんていません。自分たちが必死な様に、周りもみんな必死になってる時間帯です。

それと、レインコートとレインバイザーして運転しているとよくわかりますが、やはりいつもよりは視界が悪くなるため、

  • 段差はないか
  • 後ろから車は来てないか
  • 前に歩行者はいないか
  • 子どもたちの様子は大丈夫か

など、他の人のスタイルよりも意識が違うところに向きます。

そして、「とにかく子どもを無事に園に送り届ける」←これを達成するために、レインコートやレインバイザーが必需品だということに気が付きます。

雨の日でも安全で快適な自転車送迎を!(まとめ)

いかがでしたか?

雨の日に安全に快適に子どもたちを幼稚園や保育園に送り届けるためには、いろいろ準備が必要です。雨の日が毎回憂鬱になるなんて、もったいないですよね!

最後にもう一度、このレインポンチョの特徴をまとめます。

特徴6点
  • ちょい袖ありのポンチョ型で、着脱&ハンドル操作が◎
  • 特許を取得した「回転フード」で後方確認が楽々!
  • 両サイドに大きめのポケットあり
  • リュックや抱っこ紐をつけたままでも楽々着れる
  • 2種類のレインバイザーあり。雨風が強い日も顔が濡れない
  • 選べるバリエーション6種類♪

このAETONYX (アエトニクス)のレインバイザー付きのレインポンチョなら、安全で快適な自転車送迎ができるはず♪ 雨の日が憂鬱になることがなくなります! むしろ私の経験から言うと、これを買う前と後では、買った後のほうが雨の日が楽しく感じる様になりました。

あなたもきっと、以前より雨の日が楽しく感じられると思います!

以下のリンクからぜひチェックしてみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました