スーパーの1袋3玉入りの安いうどんを、電気圧力鍋で激ウマに。ほうとう風うどんのレシピ

レシピ

こんにちは、あおいです。

先日、電気圧力鍋の『クッキングプロV2』を購入したので、新メニューやこれまで面倒であまり作ってこなかった料理に挑戦しています。

そんな中、1袋3玉入りのスーパーでよく見る安いうどんがクッキングプロV2でめちゃめちゃおいしくなることを発見したのでご紹介しますね!

今回は、野菜もたっぷりでお肉も入った栄養満点の『ほうとう風うどん』をご紹介します。つやつや&モチモチ食感で「生めん」という仕上がりになってとっても美味しいです。

  • スーパーの安いうどんをおいしくしたい!
  • 電気圧力鍋で作るうどんのレシピを知りたい!

など、気になったらぜひ参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

レシピ

今回は、わが家の家族構成でもある4人分【夫、私、4歳男児、2歳男児】の分量としてご紹介します。

材料

  • うどん 1袋(3玉)
  • 鶏むね肉 1/4枚
  • かぼちゃ 1/8個
  • 人参 1/4本
  • 長ネギ 1/4本
  • しめじ 1/4株
  • 油揚げ 1/2枚
  • 水 600㏄
  • めんつゆ 75㏄(2倍でも3倍でも4倍でもOK…「かけつゆ」の希釈量で薄めてください)
  • みそ 大さじ1
  • 片栗粉(むね肉にまぶす用)

お肉や野菜はお好みのものを入れてください。「ほうとう風」なのでかぼちゃは入れてくださいね。

下準備

  • 鶏むね肉は小さめ一口大のそぎ切りにして、片栗粉を薄くまぶす
  • かぼちゃは一口大に、人参は1㎝幅のイチョウ切りに、長ネギは1㎝幅の斜め切りにする
  • しめじは石づきを切ってほぐす
  • 油揚げは食べやすい大きさに切る

※一応切り方書きましたが、適当で大丈夫です!

作り方

  1. 圧力鍋にお肉以外の材料と水とめんつゆを入れる
  2. 手動調理で『圧力調理ー高圧』を選択し、加圧時間8分にして調理スタート
  3. 音が鳴ったら、圧力ピンを下がるのを待つか、強制減圧で内部の圧を下げる
  4. ふたを開けて、みそ・片栗粉をまぶした鶏肉・うどん3玉を入れる
  5. ふたをして、もう一度『圧力調理ー高圧』を選択し、加圧時間2分にして調理スタート
  6. 音が鳴って圧力ピン下がったら、ふたを開けて器に盛る

ポイント・コツ

  • 野菜は圧力鍋で柔らかくなるので、厚めに切っても大丈夫。その方が食べ応えがあります
  • お肉は片栗粉をまぶすことでパサつくのをおさえます
  • お肉はむね肉の場合は後から入れた方が固くなりませんが、もも肉や豚肉の場合は1の野菜と同時に入れても大丈夫です
  • 野菜から水分が出るため、水とめんつゆの分量を少なくしています。足りない場合は4の工程の時に足してください
  • やわらかいと感じた場合は、麺を入れた後の加圧時間を1分にしてお試しください
1.鍋に材料を入れます
1が出来上がるとこんな感じ
片栗粉まぶした鶏肉入れます
うどんを入れて加圧しました
出来上がり!

まとめ

やると気付くんですけど、全然時短にならないレシピなんです(笑)

私は土曜日の昼に作ることが多いのですが12:30くらいに食べるとしても、11:00くらいから用意してます…。

圧力鍋を使うので、予熱(約20分)と減圧(約20分)にけっこう時間がかかって…。

…コンロで作った方が絶対早いです…。

それでもオススメしたいのは、野菜のやわらかさ・うどんのツヤツヤ感に感動するからです

時間がある日にぜひ作ってみてくださいね! 安いうどんがとってもおいしくなりますよ。

以上、1袋3玉の入りのうどんがめちゃめちゃおいしくなるレシピでした。

もし良かったら、今回活躍してくれた『クッキングプロV2』のレビュー記事も合わせて読んでみてください♪

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました