具材と乾麺を同時に入れてOK!クッキングプロV2で作るミートソーススパゲティのレシピ

レシピ

こんにちは、あおいです。

ミートソーススパゲティって、おいしいけど作るのが意外と面倒ではありませんか?

わざわざお湯を沸かして麺を茹で、ミートソースは別鍋で作る…。この時点で、「もう鍋が2つ出てるよ、おい」と思ってしまうのです…。

あおい
あおい

今はフライパン一つで済む「ワンパンパスタ」というレシピもあるそうですが、家庭にあるフライパンだと2人分が限界な気もします…

こんな面倒くさがり屋の私なので、普段はなかなかミートソーススパゲティを作らなかったんです。

でもクッキングプロV2(電気圧力鍋)を使えば、乾麺と具材を同時に入れてほぼほったらかしで完成するのでとても簡単でした!

クッキングプロV2を作って、一番「時短」を実感できたレシピです!

ということで、今回はクッキングプロV2で作るミートソーススパゲティのレシピをご紹介します。

  • 簡単に作れるミートソーススパゲティのレシピが知りたい!
  • 電気圧力鍋で作るミートソーススパゲティのレシピが知りたい!
  • 電気圧力鍋のレシピを増やしたい!

など、気になったらぜひ参考にしてみてくださいね♪ 

スポンサーリンク

レシピ

家族4人分のレシピです。

具材と麺を入れたら、ほぼほったからしで約44分で完成します♪

炒め(約3分)⇒予熱(約20分)⇒圧力1分⇒減圧(約20分)

材料(家族4人分)

  • 合いびき肉 300g
  • 玉ねぎ 150g(1/2個)
  • 人参 100g(1/2本)
  • にんにくチューブ 2㎝くらい
  • オリーブ油 大さじ2
  • 塩・コショウ 少々
  • 水 3cup(600㏄)
  • トマト缶(ホールでもカットでも) 1缶
  • ケチャップ 大さじ3
  • コンソメ 大さじ1
  • ウスターソース 大さじ1
  • 醤油 小さじ1
  • スパゲティ(乾麺、1.6㎜) 100gを3束

下準備

  • 玉ねぎと人参はみじん切りにする
  • ホールトマトを使用する場合は、粗みじんぎりにする
ホールトマトを粗みじんにするときの、雑なやり方

※ホールトマトを使用する場合は、缶の中に直接泡だて器を入れてつぶす様にして混ぜます(行儀が悪いのであまりオススメはしません)。

ただ、「トマト缶の汁がまな板に流れるのが嫌」と感じる場合は一度お試しを。やる際はこぼれやすいので、圧力鍋の上でやると良いです。

作り方

  1. レシピ番号85(またはカテゴリで「麺」⇒「ミートソーススパゲティ」)を選択し【決定】
  2. オリーブ油とにんにくチューブを温める
  3. にんにくが油になじんできたら、ひき肉を入れて炒める
  4. ひき肉が白っぽくなってきたら玉ねぎと人参も入れ炒め、塩コショウで下味をつける
  5. 全体に油が回ったらソースの材料を入れて、ひと混ぜする
  6. スパゲティを半分におり、半分ずつ交差させる様にして入れる
  7. 蓋をして排気ボタンを圧力に設定し、圧力スタート
  8. 音が鳴って、圧力ピンが下がったら完成です!
もしくはレシピ番号「85」
今回は炒めてから圧力をかけます
オリーブ油ににんにくチューブを入れる
ひき肉を炒める
玉ねぎ・人参もIN
ソースの材料を入れる
乾麺はこんな感じで入ってます
※実際は、浸かる様にしてください
排気ボタンは上がった状態で
圧力(高圧)で1分です
出来上がりの感じ
下から軽く混ぜ合わせます
完成!これは旦那さん用として
子どもたち二人は意外と小食…

ポイント・コツ

  • 乾麺は全体が水分に浸かる様に入れる
  • もし、麺が水分全体に浸からない場合は【水100㏄・ケチャップ大さじ1・コンソメ小さじ1/2】を追加する目安とし、調整してから調理を行ってください
  • MAX線を超えてしまう場合は、2回に分けるなどした方が安全です

ちなみに、水分が少ない状態で圧力をかけると、下の写真のようにダマになってしまいます…↓

水分が少なかったせいで束になってる…
食感も固いまま…

まとめ

以上、「具材と乾麺を同時に入れてOK!クッキングプロV2で作るミートソーススパゲティのレシピ」でした。

クッキングプロV2のレシピ本では2人分の材料が書かれていますが、今回は我が家の家族構成に合わせて4人分をご紹介しました。

圧力鍋で作ることで、

  • ほったらかしにできる
  • 圧がかかることでいつもよりもっちりした食感になる

というメリットがありますので、ぜひ試してみてくださいね^^

もし良かったら、今回活躍してくれた『クッキングプロV2』のレビュー記事も合わせて読んでみてください♪

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました