スーパーの1袋3玉入りの安いうどんを電気圧力鍋で激うまに!基本のかけうどんレシピ

こんにちは! 電気圧力鍋【クッキングプロV2】を愛用中のあおいです。

元管理栄養士だけど料理はそこまで好きではない私が、クッキングプロV2を買ってからいろいろな料理に挑戦中です。

あおい
あおい

手の込んだ料理はもちろん、これまで作ってきたレシピもクッキングプロV2でどう変化するか試しています。

今回はその中でも、スーパーでよく見かける1袋3玉入りの安いうどんを、めちゃめちゃ美味しい「かけうどん」にするレシピを紹介します。

わが家ではシマダヤのうどんを使用

もちろん付属のレシピ本には載っていない、私が考えたメニューです。ツヤツヤ&モチモチ食感で「生めん」という仕上がりになってとっても美味しいので、ぜひ作ってみてくださいね。

この記事では、

  • スーパーで売ってる1袋3食入りのうどんをおいしくしたい!
  • 電気圧力鍋で作るうどんのレシピを知りたい!
  • クッキングプロV2のレシピを増やしたい!

などについて、画像もしっかり載せながら書いていきます!

スポンサーリンク

レシピ(調理時間:ほったらかしで約42分)

このレシピは、夫・私・4歳&2歳の息子の4人分です。

ほったらかしで約42分で完成します!

※私の夫は1玉分だと足りないので、実際は2玉くらい追加してもう一度調理をしています…。2回目は強制減圧をして時間短縮しちゃいますが…!

材料

  • うどん・・・1袋(180g×3玉:540g)
  • 長ネギ・・・1/2本
  • 油揚げ・・・0.5枚
  • 乾燥わかめ・・・適量
  • 水・・・1200㏄(だいたい1人300㏄として計算)
  • つゆの素(3倍希釈)※・・・150㏄

※つゆの素は何倍希釈のものでも構いません。【かけつゆ】の分量で割ってください。

下準備

  • 長ネギは、斜め輪切りにしておく
  • 油揚げは、横に3等分にした後、1㎝幅くらいに切る

※一応切り方書きましたが、適当で大丈夫です!

※具材はお好みです。長ネギだけでもいいですし、出来上がりのあとに天かすを散らしてもおいしいですね。

作り方

  • 圧力鍋に全ての材料を入れふたを閉める
  • パネルから【手動調理】⇒【圧力調理】⇒【高圧】⇒【2分】を選択し、調理スタート
  • 音が鳴ったら、圧力ピンを下がるのを待ってからふたを開ける(待てない場合は、強制減圧で内部の圧を下げる)
  • 乾燥わかめを入れる
  • 器に盛り付けて完成!
水とつゆ
長ネギ入れます
油揚げも入れます
うどん3玉入れるとこんな感じ
排出ボタンは、上がってることを確認
手動調理を選択
圧力調理を選択
高圧で2分に設定します
決定ボタンで調理開始!
ふたを開けた瞬間。このタイミングで乾燥わかめ入れるのがおすすめ

ポイント・コツ

  • レシピは1袋分(3玉)ですが、追加する場合は鍋のMAX線を超えないだけの量を入れてください。
  • ↑合計4玉ならギリギリOKかと思います。
  • MAX線を超えると加熱中につゆが漏れてくることがあります。なので、面倒ですが2回に分けてやることをおすすめします。
  • 長ネギをクタクタにしたくない場合は、薄い輪切りにしたものを完成後にトッピングしてください。
盛り付けが微妙w…でも中身はおしいです
大人1人分

まとめ

このレシピ、実は全然時短にならないレシピなんです(笑)

圧力鍋なので、予熱(約20分)と減圧(約20分)にけっこう時間がかかってしまうんです。コンロで作った方が絶対早い…。

それでもオススメしたいのは、新食感といえるくらいツヤツヤ&モチモチになってとってもおいしいからです!

時間がある日にぜひ作ってみてくださいね! 安いうどんがとってもおいしくなりますよ。

以上、1袋3玉入りのうどんがめちゃめちゃおいしくなるレシピでした。

もし良かったら、今回活躍してくれた『クッキングプロV2』のレビュー記事も合わせて読んでみてください♪

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました